1. TOP
  2. マクロビ、自然食品
  3. 冬の酵素ジュースで免疫力アップ

冬の酵素ジュースで免疫力アップ

冬の酵素ジュースで免疫力アップ

冬の酵素ジュースで免疫力アップ
冬の酵素ジュースが完成。果物2キロ、砂糖2キロでペットボトル2Lが1本作れました。これを水で薄めて飲みます。常温で保管しても夏場ほどの発酵はしません。朝起きて一番に酵素を飲むと良いです。朝食に酵素ジュースを出しています。風邪やインフルエンザなどに負けないように、免疫力を高めたいと思います。

冬の酵素ジュースで免疫力を上げよう

夏は梅酵素ジュースで夏バテ防止に、冬は風邪やインフルエンザ予防に酵素を摂取して免疫力をアップしましょう。酵素で免疫力を上げると、体は元気になります。酵素のチカラで化学物質、添加物など不要な物を体から排出してくれる働きをしてくれます。

酵素は体に良い事いっぱい
酵素は免疫力が高まるので、老廃物を出してくれると言われてる。美容、老化防止、便秘解消、血液サラサラなど、体に良い事が挙げられている。

冬の果物を使って酵素ジュース作り

冬の酵素ジュース作り方
果物と白砂糖の割合は1:1です。梅びん(私は4Lを使っている)。今回は果物2kg、砂糖2kgで作っています。
●梅びんはこちらで検索
●白砂糖

冬の酵素ジュース作り方
何回かに分けて混ぜます。果物と白砂糖を少し入れてはまぜ、また、果物と白砂糖を入れてはまぜています。酵素ジュースは手で混ぜる事が大切です。混ぜれば混ぜる程、その健康な人の菌が混じり、更に発酵を高めます。混ぜる事によって表面に出来るカビを防ぎます。酵素ジュースは生き物なのです。

冬の酵素ジュース作り方
砂糖と果物がまざっています。

冬の酵素ジュース作り方
少しずつ水分が出始めます。下の方が水っぽくなってきました。

冬の酵素ジュース作り方
冬場は寒いので発酵が遅いです。梅ジュースは1週間ぐらいで完成しましたが、冬のジュースは発酵が遅いです。保冷保温の出来るエコバックを使って、酵素を保温して発酵の働きを早めます。(梅ジュースの作り方はこちら)
●保温保冷が出来る エコバッグ

冬の酵素ジュース作り方
朝と晩、かき混ぜています。酵素ジュースが出来ているのが分かります。とろみがついて来ました。

冬の酵素ジュース作り方
酵素は肌にも良いです。美容効果があるという事を知っていましたか?混ぜた手をすぐに洗い流さず顔に塗ります。15分ぐらい経ったら水で洗い流します。肌がすべすべ、シワやシミにも効果があります。体が吸収するように、肌も酵素を吸収しているのが分かります。酵素洗顔をすることで、肌に残った古い角質を取りのぞくことができて、古くなった角質の蓄積による「くすみ」を解消することができます。

酵素と体の健康バランス

酵素は体に良いという事は、テレビや雑誌などを見て知っている人も多いのですが、酵素がどんな働きをしてくれるのかが分かりません。

酵素とは
酵素は、食べ物の消化を助けてくれて、有効に働く手助けをし、皮膚の新陳代謝を良くしてくれる。血液の循環など体のあらゆる働きも手助けします。酵素が不足すると、体調が崩れる原因になります。やる気が起きない、消化不良、肌の不調なども酵素不足が原因のひとつです。健康的を維持して元気な体を保つためには、酵素は重要な役割を果たしています。

手軽に酵素を取り入れる

酵素で免疫力アップ
●酵素をみる

肌の調子を整えたり、新陳代謝を良くしてくれる働きを持つ酵素。免疫力も上げてくれるので、これからの時期とても大切です。酵素ジュースを作れない方には、酵素ドリンクやサプリメントが良いかもしれませんね。酵素を摂って免疫力を上げましょう。